×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

私の脂性肌対策は洗顔にあり

私の脂性肌対策は洗顔にあり

私の脂性肌対策は洗顔にあり

ちふれの洗顔フォーム

自分に効果があった顔のベタつき対策は、きちんと保湿することです。
ベタベタする=保湿したら余計ベタベタになる、と思っていたのですが、自分の場合はどうやら乾燥している→脂を出して保湿しようとする→ベタベタする、というのが原因だったようでした。
まず洗顔料をしっとりした洗いあがりのものに変えました。以前はベタベタがなくなってスッキリするのでさっぱりした物を使っていたのですが、それが結局乾燥の原因になっていたようです。
それからパックなどで保湿を強化しました。そんなに高いものではなくても効果がありました。
あとは水分補給に気を使うようにしました。喉が渇く前にこまめに水分を摂るようにしています。
内側が乾燥しているとやっぱり肌にも影響あるようです。

 

洗顔フォーム 泡立てネット

私はやや敏感肌ですが、額や鼻のTゾーンは常に脂っぽい状態です。
そのため、入念にメイクしても長持ちしないことがほとんどです。時間が経つにつれてTゾーンの肌がてかり始め、化粧崩れが始まるのです。
そのたびに脂取り紙で押さえ、少しでも状態を改善しようと努力しています。
しかし、再度ファンデーションを塗り直しても化粧のりが悪く、きれいな仕上がりになりません。特に夏場は汗をかくため、メイクがよれよれになってしまいます。Tゾーンだけが余計に目立ち、いつも気まずい思いをしてきました。
そこで最近は、皮脂の過剰な分泌を抑えるような対策を実行しています。
それは、肌をいたわりながら洗顔し、保湿を十分にするということです。たとえば、熱いお湯で顔をすすいだり、化粧水をつけずに放置したりすると、肌が乾燥してしまいます。すると、肌は保護バリアを作るために脂分をたくさん分泌するそうです。
ですから、『泡立てネットの泡で優しく洗顔し、ぬるま湯でしっかりすすぐ』『洗顔後は化粧水をすぐにたっぷり塗布し、保湿する』ということを実践しています。
その成果が出たのか、Tゾーンのてかりや脂っぽさがやや改善されたような気がします。
今後も顔のベタつきを防ぐため、お手入れを徹底していきたいです。

 

洗顔料は自分に合ったものを選ぶべきです。今は洗顔ランキングなど、洗顔選びの参考となるサイトは数多くあるので、自分の肌質や悩みに合ったものを見つけましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ