×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

シャンプーのしすぎで頭皮に皮脂が過剰に分泌しています。

シャンプーのしすぎで頭皮に皮脂が過剰に分泌しています。

シャンプーのしすぎで頭皮に皮脂が過剰に分泌しています。

毎日シャンプーすることで本来取り除かなくてもいい皮脂まで取り除いてしまうので、
頭皮はその皮脂がなくなってしまったことで、過剰に分泌してしまいます。

 

血糖値の原理と同じなのですが、たとえばコーラを毎日飲む人がいます。コーラには糖分がたくさん含まれていますから、血液の中に含まれる血糖値が「甘すぎる!」と脳が判断し、その糖分を分解するためのインスリンが過剰に放出されます。そうすると、正常値でいいはずの血糖値が、インスリンの過剰分泌により正常値を下回るまで働いてしまいます。そうすると今度は低血糖状態になりますから、再び糖分をあげようとカラダが「またコーラ飲んで♪」という信号を出して、そこでまた飲みすぎてインスリン過剰分泌・・・の繰り返しになります。頭皮の皮脂もこれと同じなのです。

 

大人は風邪をひいて1日シャンプーしなかっただけで不快感を感じるくらいになりますが、3歳の姪っ子は1日シャンプーしなかったくらいでは頭皮のべたつきもありませんし、さらっとして依然としていい香りです。

 

この負のスパイラルを止めようといきなりシャンプーをやめるのではなく、自然派の洗浄力の強くないものを使用したり、お湯だけの日にしてみたり、ときどきはいつも使っているシャンプーを使ったりするといいようです。

 

長期休暇に是非試してみたいと思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ